自宅療養の実施について

ページ番号1050145  更新日 令和4年9月14日

印刷大きな文字で印刷

療養環境

患者の状態や家庭環境を評価したうえで、自宅療養を行う場合があります。

自宅療養環境の整備

感染が急拡大した際に、無症状者や軽症者のうち、入院等の必要がないと判断された方で、一人暮らしや個室での管理ができるなど、家庭内感染リスクが低い方を対象として実施します。

自宅療養の流れ

自宅療養の流れを表した図

自宅療養を開始するにあたって注意すること

  1. 自宅療養中は、外出厳禁です。ただし、有症状の場合で症状軽快から24時間経過後又は無症状の場合には、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際には必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差支えありません。
  2. 基礎疾患のある方で、定期的な薬の処方や予定していた治療、出産を控えている場合には、かかりつけ医に電話連絡のうえ必要な対応を依頼するようお願いします。
  3. 感染されている方が、医療機関に連絡をせずに受診することは、院内感染を引き起こす可能性があり、医療のひっ迫につながる可能性があります。
  4. 医療機関へのコロナウイルスを持ち込まないよう、対応についてご理解願います。
  5. 日用品や食料品の調達に宅配サービスを利用することも可能ですが、対面での受け渡しは行わないようお願いします。

健康観察の方法

療養期間中は、毎日、ご自身で健康観察を行ってください。
体調が悪い時には、速やかにいわて健康フォローアップセンターへご連絡ください。

1. 65歳以上の方または重症化リスクの高い基礎疾患を有する方
(1) お手持ちの体温計を用いて体温の測定のほか、保健所等からお貸しする、パルスオキシメーター(酸素飽和度を測定する機器)により、1日に2~3回程度測定をお願いします。
(2) My‐HER-SYSにより報告が可能な方は、スマートフォンから健康状態の入力をお願いします。
(3) My‐HER-SYSによる入力ができない方は、1日に1回程度、健康状態の確認のため、電話をします。その際、ご自身で実施した健康観察の結果をお知らせください。

2. 65歳未満で重症化リスクの高い基礎疾患を有しない方
(1) お手持ちの体温計を用いて体温の測定のほか、保健所等からお貸しする、パルスオキシメーター(酸素飽和度を測定する機器)により、1日に2~3回程度測定をお願いします。
(2) My‐HER-SYSにより報告が可能な方は、スマートフォンから健康状態の入力をお願いします。
(3) 健康観察の結果の確認は行いません。

療養解除について

65歳以上の方または重症化リスクの高い基礎疾患を有する方については、ご自身のお住まいの保健所等から、療養解除の連絡があります。
65歳未満で重症化リスクの高い基礎疾患を有しない方については、療養解除の連絡は行いません。自宅療養解除の基準は以下のとおりですので、ご自身でご確認ください。
療養解除後は、お貸ししたパルスオキシメーターを速やかに返却願います。
万が一破損した場合でも、必ず返却してください。
【自宅療養解除の基準】
 1. 症状がある場合
   発症日(0日目)から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過
   注 10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温などご自身による健康状態の確認や、    
    高齢者等ハイリスク者との接触、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用する
    こと等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
   注 症状軽快とは、解熱剤を飲まずに解熱しており、かつ、呼吸器症状が改善傾向
       (症状がなくなることではありません)にあること
 2. 症状がない場合
 (1) 陽性確定に係る検体採取日(0日目)から7日間経過
   (2) 5日目の抗原検査キット(体外診断用医薬品であるもの)による検査で陰性が確認された場合には、5日間経過
      注 7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温などご自身による健康状態の確認や、高
         齢者等ハイリスク者との接触、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること
         等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
 

いわて健康フォローアップセンターについて

1 開設日

令和4年8月20日

2 場所
委託による運営
3 業務内容
自宅療養者に対する健康観察、相談対応及び必要に応じた食料品の提供等
4 開設時間

24時間

5 その他
  1. 上記業務は、保健所または協力いただける医療機関が行う場合があります。
  2. 新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談は、「受診・相談センター」において対応します。
【受診・相談センター】
受付時間:24時間 全日(土日・祝日を含む) 
電 話 :019-651-3175 ファクス:019-626-0837

自宅療養者の方へ重要なお知らせ

自宅療養者への食料支援物資の一部に、異物混入の可能性がある旨製造元から発表がありました。

対象商品:DONBURI亭中華丼

注賞味期限が「2022年8月から2023年7月まで」の商品

製造元:江崎グリコ株式会社

製造元は、対象商品による健康への影響はないと判断しておりますが、対象商品を自主回収する旨の意向を示しています。

詳細につきましては、以下の製造元のホームページを御確認ください。

各保健所の連絡先

食料支援等、自宅療養に関する問い合わせは各保健所へお願いします。

機関名

電話番号

管轄地域

盛岡市保健所 019-603-8313 盛岡市
県央保健所 019-629-6569

八幡平市、滝沢市、雫石町、葛巻町、

岩手町、紫波町、矢巾町

中部保健所 0198-22-4952 花巻市、遠野市、北上市、西和賀町
奥州保健所 0197-22-2831 奥州市、金ケ崎町
一関保健所 0191-34-4689 一関市、平泉町
大船渡保健所 0192-27-9922 大船渡市、陸前高田市、住田町
釜石保健所 0193-25-2710 釜石市、大槌町
宮古保健所 0193-64-2218 宮古市、山田町、岩泉町、田野畑村
久慈保健所 0194-66-9680 久慈市、普代村、野田村、洋野町
二戸保健所 0195-23-9206 二戸市、軽米町、九戸村、一戸町

詳細は「自宅療養のしおり」を御確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康国保課 医療情報担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5487 ファクス番号:019-629-5474
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。