稲庭高原風力発電所について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1015345  更新日 令和4年7月4日

印刷大きな文字で印刷

稲庭高原風力発電所の写真

 稲庭高原は、稲庭岳(標高1,078メートル)の南東部裾野に広がる標高700メートル前後の高原で、強い西風の吹く場所として地元に知られており、また、稲庭岳の南側には西岳や七時雨山がそびえたち、格好のパノラマ地点でもあります。

 稲庭高原風力発電所は、県営で初めての風力発電所として平成13年9月に完成し電気を供給してきましたが、機器の経年劣化が進行し運転継続が困難となったことから、令和3年2月に旧風車(3基)を停止してリニューアル工事を行い、令和4年7月1日に新風車(1基)による運転を開始しました。

 発電所の最大出力は以前と同じ1,980キロワットのままですが、高効率風車の採用により、年間発電電力量は35%増の約554万キロワットアワーとなります。

発電所の概要

1 位置

 二戸市浄法寺町山内

2 事業規模等

 (1) 発電所名 稲庭高原風力発電所

 (2) 定格出力 1,980キロワット(1基)

 (3) 年間発電電力量 約554万キロワットアワー(一般家庭約1,800世帯分)

 (4) 運転開始年月日 令和4年7月1日

このページに関するお問い合わせ

企業局 業務課 電気担当
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6399(内線番号:6399) ファクス番号:019-629-6404
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。