電子申請

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008095  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

死亡牛届出書が提出できます。

満48か月齢以上の牛が死亡した際、その牛を検案した獣医師は都道府県知事に届出することが義務づけられています。直接の届出の窓口は管轄の家畜保健衛生所となります。
なお、獣医師による検案を受けていない牛の死体については、所有者が届出することになります。

電子申請サービスの提供範囲等の変更について

平成30年7月1日から、電子申請サービスのURL及び利用可能な端末の変更が行われました。

URLの変更

以下のとおりURLが変更されたため、死亡牛届出書の電子申請サービスのURLをブックマークして利用されている場合は、以下のとおり、修正するようにお願いします。

一定の移行期間中は自動的に現在のURLに変更しますが、移行期間を過ぎると以前のURLから本サービスを利用できなくなります。ご注意願います。

以前のURL  https://s-kantan.com/pref-iwate-u/~~

現在のURL  https://s-kantan.jp/pref-iwate-u/~~

利用可能な端末の変更

フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)及びメーカーサポートが終了したOS(Windows XP以前、Android4.4以前、iOS4以前)を搭載した端末から、本サービスを利用できなくなりました。

該当する端末をご利用の場合は、対応する機種から利用していただくようお願いします。

いわて牛TBCシステムが利用できます。

出荷販売される岩手県産牛全頭(年間約37千頭)と、他県産であっても株式会社岩手畜産流通センターに出荷される牛(年間約7千頭)についても情報を得ることができます。
“南部牛追い唄”を聞くこともできます。

牛個体識別情報検索サービス。

家畜改良センターで管理している、牛の個体識別台帳に記録されている出生の年月日、雌雄の別、母牛の個体識別番号、種別(品種)、飼養場所の履歴の検索ができます。

このページに関するお問い合わせ

岩手県県南家畜保健衛生所 大家畜課
〒023-0003 岩手県奥州市水沢佐倉河字東舘41-1
電話番号:0197-23-3531 ファクス番号:0197-23-3593
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。